読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APUTimes

このブログは立命館アジア太平洋大学(APU)に興味を持ってくれている皆のために、現APU学生であるGASSのメンバーが公表できるギリギリの範囲で情報を発信していくブログです。皆さんの力になれれば嬉しいです。がんばります。それと同時にAPUに関する質問をなんでも受け付けているFacebookページもやっているので、ぜひこちらも利用してください→https://www.facebook.com/groups/gass.media/

Shaken but not Broken’

  ※日本語は下にあります。

  Kumamoto was struck with a devastating blow that night; a 7 degree earthquake on the scale was soon recorded. The damage to life and property was immeasurable and sent ripples throughout Japan bearing testimony to the might of Mother Nature. The news from friends, teachers and social media about the plight in kumamoto reached Beppu soon after. We heard that there are many people who are without food and shelter. We heard that the daily livelihoods of the people were at a standstill, and many essential resources were scarcely available to the people. The Sri Lankan students remembered the hospitality of the Japanese people, and organized an aid program to the region by joining hands with the Sri Lankan Business Chapter in Japan and the host families of APU. Despite the warnings of aftershocks and even sudden earthquakes we proceeded to kumomoto with the goal of reaching out to the people in need.

 

   Upon reaching there we were greeted by many Japanese people whose houses have now become impossible to live in. we were surprised to know that they mainly ate Onigiri for their meals, sometimes eating which upto 3 times a day. Determined to bring about a smile on their faces we set out with the unyielding Spirit of APU to make a change in their lives. We prepared Sri Lankan Curry for them and shared a meal with them. We were overjoyed to see a radiance returning to their faces with having gone through the experience of a mighty disaster just few days back. We handed over the essential sanitary items and exchanged a great many conversations with the victims after lunch. We realized that true joy lies in sharing with those in need. Further we learnt one important lesson from the Japanese people that day. That is that people can be shaken but never broken.

 

 

 <意訳> Translated by Ryo Shirakawa

 その夜、熊本を破壊的な地震が襲った。震度7という文字がすぐに記録された。

私たちの生活にもたらした被害は測り知れず、それは自然災害の力を証明していた。

 

 その熊本の深刻な状態は、教授や、友達、SNSを介して程なくして別府にも届き、私たちがそこから知ったのは水や住む場所がない人たちがたくさんいること、さらに生活に必要な日用品もほとんどなく行き詰まっているという状況だった。

 そんな中、私たちスリランカの学生は日本人のホスピタリティを感じた場面があった。熊本では余震の警報が続いているにもかかわらず、日本にあるSri Lankan Business ChapterやAPUのホストファミリーと提携することで熊本への支援プログラムをすぐに発足させたことだ。

  そして私も助けが必要な人たちのために熊本に足を運ぶことにした。熊本に着いた時、たくさんの人たちが地震の影響で住むための家が無くなっている人もいる中で、私たちを歓迎してくれた。そして彼らが主におにぎりを主食にして食生活を送っているという事実を知って言葉を失った。

 そんな状況を肌で実感して、私はAPU生として災害で疲弊した人たちを笑顔にさせること、少しでも彼らの生活を改善することを決心した。  早速、スリランカのカレーを作って振る舞い、彼らと一緒に食べた。少しずつではあったが数日前の災害を経験した熊本の人たちの表情が輝きを取り戻しているような気がして、とても嬉しかった。

その他にも生活に不可欠なトイレや浴室の備品の提供や、昼食の後には被災者たちと会話を交わした。人を助けたり、何か必要なものを共有したりすることが本当の幸せをもたらすと思った。

 

私たちが日本人から学んだ一つの重要なことがある。

 

人々は落ち込んだり、へこんだりすることはあるかもしれないが、立ち直れなくなることはない、ということだ。

 

f:id:gasskoho2016:20160509152357j:plain

 

文責:Sherveen Fernando APM二回生