読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APUTimes

このブログは立命館アジア太平洋大学(APU)に興味を持ってくれている皆のために、現APU学生であるGASSのメンバーが公表できるギリギリの範囲で情報を発信していくブログです。皆さんの力になれれば嬉しいです。がんばります。それと同時にAPUに関する質問をなんでも受け付けているFacebookページもやっているので、ぜひこちらも利用してください→https://www.facebook.com/groups/gass.media/

言語を知っておけば世界が広がる!〜ウズベキスタンからの留学生〜

私はなぜ日本語を学ぼうと思ったのか?

 

子供の頃から2つの外国語を学ぶのが当たり前のウズベク人、は大抵ウズベク語、ロシア語、英語を話せる。学校がウズベク基準とロシア語基準の学校があって私はウズベク語基準の学校に通っていた。

正直に言えば日本語は自分から選び、好きで勉強したわけでは無い。姉と親のプレッシャーを受けて中学3年生から家庭教師に通い始めた。家庭教師と言っても激安い言語学習センターで、親に文句言いつつ4年間そこに通った。

f:id:gasskoho2016:20160908211506j:plain

高校は私服でばらばら(笑)

 

中学校を卒業して日本語を専門的に教える高校に入った。前から勉強したいたので他のクラスメートと比較的よくできていた。高校では教科書をひたすら読み、エッセイを書くことしかできなかったけど、言語学習センターへボランティアで日本語を教えに来た日本人の先生と話せる機会はあった。

 

競争し合いながら勉強するのは一番!

高校2年生になると、他のクラスメートたちも私と同じレベルに近づいてきて、自然とお互い同士で競争が始まった。今考えると当時は自分より知識が多い人と競争しながら勉強したことはとてもいいことだと思う。

2012年初めて日本語能力試験受け、1級に合格した。その後 全国で行われる日本語弁論大会(スピーチ大会)に3回参加し、最初は親のプレッシャーで勉強せざるを得なかった日本語に魅力を感じ始めた。

f:id:gasskoho2016:20160908211456j:plain

先輩たちの頑張っている姿に惹かれた

 

自然な会話ができるのにどうすればいい?

 

何年勉強しても、自然に会話ができるようになったのは、やはり日本のドラマのお陰だと思う。友人とウズベキスタン・日本言語センターで色々なドラマ、音楽を聴いていた。初めて見たドラマはARASHIの潤松本が出演した「花より団子」で当時は結構流行っていた。また「幸せになろう」というドラマを全部分かる為6回以上見たこともある。 

字幕を付けて海外の映画を見ることで少しでも話せるようになると実感した^^

映画見るだけで外国語が話せるようになるの?

2013年に高校を卒業してタシケント東洋学大学に入学した。日本語を続けようか続けまいか迷ったけど先輩たちのアドバイスで結局日本語講座を選んだ。当時3,4年生の先輩達の日本の留学経験談を聞いていつも羨ましく思っていた。自分もいつか日本に留学できるように少しずつ、必ず毎日本を読んだ。日本人の先生がお勧めした小川洋子の「博士の愛した数式」を読み、紙にうつした日々。辞書から単語を一個ずつ覚えたら実際に会話で使えなかった時が多かったので文章を紙にうつすと同時に、頭に文章で入れていった。

f:id:gasskoho2016:20160908211500j:plain

本がボロボロ笑

 

日本に留学を決めたぁぁ

2013年は1年間東京外国語大学に留学することにした。毎日弱4時間ぐらい教科書に沿った授業を受け、暇な時はアルバイト。留学して気付いことは周りにネイティブ(日本人)がいっぱいいるから習ったことをアウトプットできる、母国で教科書から学び海外に出た時は教科書ではなく日常生活から学ぶこと、初心を忘れないでなぜ留学したのか、また夢に向かって日々を大切にしているのか考え直すことだ。

高校生にメッセージ

将来の進路を決めるのにどうすればいいか迷っている高校生の君、限られた大学での4年間を有意義におくるのに将来何をやりたいのかはっきり決めてから大学を選んでね。英語に興味があり、海外で働きたい、国際学生と交流したい、異文化理解したいと思うなら夢をAPUで実現できるかも知れないよ。

 

文責:APS ミラ (ウズベキスタン出身)